近江の風土と歴史を織る 新之助上布(ロゴ) 新之助上布ホームへ
  現在位置:ホーム > 技
上布を織りなす糸巻き
新之助上布のできるまで
地域産業資源活用
事業計画認定企業
近江上布とは
麻織物の中で、特に細い麻糸を平織りしたもので、麻織物の中でも最高級なものを言う。蚊帳や作務衣、暖簾などに使われる麻糸とはその強さと太さが大きく違い、より繊細で上質な糸で織ったものを上布という。
新之助上布のできるまで

日本の伝統的な図案や、新之助上布オリジナルの図案も多い。型紙に紗を張り合わせ強靭なものにする。

かせ糸を木枠に巻きつける。綿や絹糸に比べ麻糸は伸縮性がなく切れやすい。温度、湿度調整が肝要である。

織物巾に合わせた枠を羽根のように回転させ、緯(よこ)糸を織った状態の密度に巻き込む。

型付け台の上に糸巻きしたものを置き、型紙を密着して調整した、なせん糊を駒ヘラで印捺する。


型紙なせんした糸を木枠からはずし、繰分け台に掛けかえて、2〜4本単位に巻き分ける。

かすり分けした糸をよこ管巻きに巻く。

さまざまな工程を経て、熟練した職人の手で丹精込めて織られる。



ホームトピックス 歴 史 ウェブショップブログメディアリンクメール

大西新之助商店

〒521-1135 滋賀県彦根市新海町1125 TEL.0749-43-4434

Copyright © 2004- Shinno-suke.com. All Rights Reserved.